協賛・後援イベント

 横幹連合が協賛・後援をする会員学会・関連学術団体の直近のイベントを紹介をします。

2019年


<協賛>
●統計数理研究所
統計数理研究所 樋口前所長退任記念シンポジウム
「データ駆動型研究を先導するベイズモデリング」 ~ モデリングは人がやるのか、AIが代替するのか ~
日時:2019年11月5日(火) 13:30~
会場:学術総合センター2階 一橋講堂
参加費:無料、要申込
趣旨:ベイズモデリングは300年前に発見されたベイズの定理が基になっています。創立75周年を迎えた統計数理研究所にとって、ベイズモデリングは重要な研究テーマです。樋口知之前所長は30年間の研究人生の全てをベイズモデリングに捧げてきました。
本シンポジウムでは、まず学術・産業の広範な分野からデータ駆動型研究を紹介し、次にその根幹を成す統計的モデリングと4半世紀にわたる技術の進展を概括します。さらにAI社会でのモデリング技術の向上において、健全に人に寄り添う重要性を、現場主義との関連で討論します。

<協賛>
●日本感性工学会
第21回日本感性工学会大会
「感性を科学する知性」
日時:2019年9月12日(木)~14日(土)
会場:芝浦工業大学 豊洲キャンパス
趣旨:2009年9月に、第11回日本感性工学会大会を、東京ウォーターフロントの新名所として昨今注目を集めている豊洲の地に、その3年前に開校した芝浦工業大学豊洲キャンパスで、開催させていただきました。
「大会テーマ:感性インテリジェンス、豊洲は、造船所跡地などを利用した湾岸地区再開発事業により、いわゆる重厚長大なものづくり産業に支えられた地域から、ITや新エネルギーなど新しい都市型産業創造の拠点となる産業ビジネスエリアと都心回帰・職住近接という新しいニーズや多様なライフスタイルに対応する高品質な居住エリアを併せ持つ地域へと整備が進められています。そこで、まさにこの豊洲は、21世紀型の感性価値創造型モノづくりを考えるにふさわしい場所であると考えられます。」
以上は10年前の文章の一部ですが、この傾向は今も変わらず、むしろ益々加速しています。また、この間に本学のデザイン工学部は大きく成長し、2013年に豊洲キャンパスで開催されたIASDR2013も大成功を収めました。そこで今大会では改めて、感性価値などの研究に必要な工学・デザイン学・認知科学などにおいて、むしろ従来型の機能・性能・価格等の価値の研究に必要な知性を上回る知性が必要とされることを、広く社会に認識いただくため、「感性を科学する知性」について考えてみたいと思い、このテーマで大会を開催させていただきます。
実行委員長: 大倉典子(前芝浦工業大学)

 主催:日本感性工学会
 協賛:横断型基幹科学技術研究団体連合ほか

<後援>
●日本規格協会
第3回サービス標準化フォーラム
サービスエクセレンス標準化は企業に何をもたらすのか ~ ISO/TC312東京会議速報及び国内外の標準化動向 ~
日時:2019年10月18日(金) 14:00~17:00
会場:TKPガーデンシティ竹橋 大ホール
趣旨:近年「製造業のサービス化」(モノとサービスの協創)が進展してきており,サービス業のみならず全ての産業分野において「サービス」の重要性が高まってきています。また,サービス産業の生産性向上は重要な課題と認識されています。
このような状況において,国内外でどのような「標準化」がなされ活用されているのかご紹介する場として,このたび,「第3回サービス標準化フォーラム」を次のとおり企画いたしました。
第3回となる今回は,経済産業省から日本のサービス産業の抱える課題及びそれに対する施策紹介のほか,サービス標準化フォーラム直前に東京で開催されるISO/TC312(エクセレンス イン サービス)の速報や,日本及び海外(ドイツ等)でのサービス標準化の取組み・活用事例に関するISO/TC312エキスパートらによる講演を予定しています。
お忙しい中の開催となりますが,万障お繰り合わせの上ご参加いただけると幸いに存じます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
※ サービス標準化フォーラムは,サービス標準化に関する知見,課題等を多くの皆様と 共有する目的で,平成28年度から2回開催し,盛況を博しているイベントです。

<協賛>
●計測自動制御学会
システム・情報部門学術講演会2019 (SSI2019)
 日時:2019年11月23日(土)- 25日(月)
 会場:千葉大学西千葉キャンパス(千葉県千葉市稲毛区弥生町1-33)
 テーマ:計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会(SSI 2019)は,
  システム情報分野の研究者,技術者が集結して当該分野に関連する議論,交
  流を行う場を提供します.システム工学,知能工学,自律分散システム,コ
  ンピューテーショナル・インテリジェンス,離散事象システム,ヒューマン
  マシンシステム,社会システム,分子ロボティクス,関係論的システムデザ
  イン,先端コンピューティクス,スマーターワールド,身体性システム科学,
  記号創発システムなど,システムと情報に関する幅広い領域からの研究発表
  を募集します.