6月
15
第60回日本生体医工学会大会 @ 京都市勧業館「みやこめっせ」
6月 15 – 6月 17 終日

テーマ:生体医工学の再生と新生に向けて

6月
17
データサイエンスが描き出す「モノづくり」の未来シナリオ @ オンライン開催(ZOOMウェビナー)
6月 17 @ 1:30 PM – 5:00 PM

データサイエンスが描き出す「モノづくり」の未来シナリオ ~産学連携シンポジウム~

【統計数理研究所オープンハウス連携イベント(オンライン開催)】

日程

2021年6月17日(木)13:30~17:00
参加費無料・要申込
参加申込
事前登録制(先着順) 下記サイトよりZoomウェビナーにご登録ください。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_ICULQsHVSKqJjPwqiUSnpg
※視聴時に撮影・録画や録音はお控えくださるようにお願いいたします。
※今回のご登録情報は本事業および統数研イベントのご案内に使用させていただきます。
趣旨

日本型モノづくりが世界を席巻した1980年代、わが国製造業界は統計的改善の標準シナリオに実験計画法や多変量解析など当時の先端管理技術を付加した製品設計・プロセス管理など統計数理的にも世界を大きくリードしていた。技術統計学(Technometrics)のパイオニアであるGeorge Box教授がベル研の若手研究者と来日し、製造業を視察し、「日本はやっている。我々はやっていない。」と嘆いたのが1987年のことである。以来、各国は学校教育・大学での統計教育の抜本的改革を行い、産業界でデータに基づく問題解決を推進できる人材を育成した。

現在、世界がこぞってデータ駆動型時代の中でのモノづくり改革を志向している。一方で、私たちは「世界はやっている。日本はやっていない。」と自戒する未来が、迫っているのではないかとの不安を持っている。わが国製造業界の国際競争力が維持されている今こそ、モノづくりにおけるデータサイエンスの在り方を踏まえ、行動変革を興すべき時機ではないのだろうか?

今回の統数研産学連携シンポジウムでは、産業界と統計数理科学の先端知とを如何に繋げるか、モノづくりの産業競争力確保に必要なデータとは何なのか、モノづくり自体がデータサイエンスの観点ではどう進化しなければならないのか、そしてこれからの日本のモノづくりに統計数理科学分野がどう貢献できるかなどを産業界と共に考えてみたい。

6月
20
The 30th International Symposium on Industrial Electronics @ みやこめっせ
6月 20 – 6月 23 終日
Welcome Message

On behalf of the Organizing Committee, it is our great pleasure and honor to invite all delegates, representatives and participants from all around the world to take part in the 30th International Symposium on Industrial Electronics (ISIE), held 20-23 June 2021 in Kyoto, Japan.
The ISIE annually gathers industry experts, researchers and academics to share ideas and experiences surrounding frontier technologies, breakthroughs, innovative solutions, research results, as well as initiatives related to industrial electronics and their applications. It is a great opportunity to meet old friends and colleagues, find new ones and attend many high-quality technical activities.
The main theme of ISIE2021 is SDGs (Sustainable Development Goals). Especially, Goal.7 and Gosl.9 of SDGs are the important theme on IES and ISIE2021. Goal.7 is “Ensure access to affordable, reliable, sustainable and modern energy for all”. Goal.9 is “Build resilient infrastructure, promote inclusive and sustainable industrialization and foster innovation”. ISIE2021 will have many special sessions and regular sessions.
Moreover, the year “2021” is the 70th anniversary of IES. ISIE2021 will have “the commemorative event of 70th anniversary of IES”. Please enjoy and contribute the 70th anniversary events in ISIE2021!
Kyoto, where the symposium take place, is widely known as one of the most fascinating cities in Japan. It is home to numerous Buddhist temples, Shinto shrines, palaces and gardens, many of which are listed collectively by UNESCO as a World Heritage Site. The symposium venue is adjacent to Heian Shrine, which is listed as an important cultural property of Japan. We hope you enjoy spending time in Kyoto in between enthusiastic sessions.

We look forward to welcoming you at the ISIE 2021-Kyoto.

IEEE ISIE 2021-Kyoto
General Co-Chairs

Prof. Kiyoshi Ohishi
Nagaoka University of Technology

Prof. Hideki Hashimoto
Chuo University

 

6月
25
スケジューリング国際シンポジウム @ オンライン開催
6月 25 – 6月 27 終日

スケジューリングの最新理論と実践例に関する国際シンポジウム

第68回春季研究発表大会 @ 長岡造形大学
6月 25 – 6月 27 終日
表現モデリング入門講座 @ Microsoft teams でのオンライン講義
6月 25 @ 2:00 PM – 5:30 PM

SIC関係者の皆様

6月の研修講座の案内です。今回のテーマは下記です。

2021年度版「表現モデリング入門講座」

——————————————————————-

「表現モデリング入門」講座

 ~システム化のためのUML/SysMLモデリング~

——————————————————————–

開催日時 :2021年6月25日(金)14:00~17:30
開催形式 :Teamsによるオンライン開催 
定員   :30名  
受講対象者: SIC会員、SIC非会員も受講可
定 員 : 30名 定員オーバーした場合はSIC会員を優先します
受 講 料 :5,000円/人 (SIC正会員企業の方は2名様まで無料)

詳細は、下記案内を参照下さい。

SIC表現モデリング入門講座(6.25開催_F

7月
14
Designシンポジウム2021 @ 東京大学 駒場第二キャンパス(予定。オンライン開催の可能性があります)
7月 14 – 7月 16 終日

Designシンポジウムは、日本建築学会、日本機械学会、日本設計工学会、日本デザイン学会、精密工学会の5学会が、「設計」や「デザイン」を包含する上位概念としての“design”を対象としたシンポジウムとして2004年7月に開催し、その後、人工知能学会を加えた6学会共催により隔年で開催してきました。Designシンポジウム2021は、精密工学会が幹事学会となり開催する予定です。

詳細に関するお問い合わせは:

〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学大学院工学系研究科人工物工学研究センター
梅田研究室内 
Designシンポジウム2021事務局
E-mail: ds2021secretariat@susdesign.t.u-tokyo.ac.jp

あてにお願いいたします。

7月
15
第4回日本企業再生研究部会研究会 @ ZOOM開催
7月 15 @ 7:00 PM – 8:45 PM

【国際戦略経営研究学会】第4回日本企業再生研究部会研究会 7/15のお知らせ

下記の要領で第4回日本企業再生研究部会研究会を開催致しますので是非ともご参加ください。
非会員の方もご参加できます。(参加費無料)

参加希望者は学会のホームページから「7月13日までに」参加登録をしてください。
https://bunken.org/iasm/event/member/index/155

登録者リストを作り、ZOOMミーティングに参加するためのURL、ID/パスワードを「前日に」BCCでお知らせします。

世話人:河合忠彦、歌代豊、中村潤、西尾弘一

日 時: 2021年7月15日(木) 19:00-20:45 (ZOOM開催)
                           (報告:60分、コメント:5-10分、その後、全体討議)
報告者:野間口隆郎氏 (中央大学国際経営学部教授)
テーマ:「トヨタのチーフエンジニア制度から日本的なダイナミック・ケイパビリティを考える」

コメンテーター: 平松庸一氏 (日本大学商学部教授)

司会:西尾弘一  

備考

1.本新研究会は平成時代に凋落が顕著になった日本企業の再生・強化の方法を、戦略経営、なかでもダイナミック・ケイパビリティの視点を基礎として理論的、実践的側面から研究し、その復活への貢献を目指す研究会です。
2.「CASE時代のトヨタの存続にとってのチーフエンジニア制度の役割」にも触れて頂く予定です。
3.参考文献
  小池和男(2015)『なぜ日本企業は強みを捨てるのか 長期の競争vs.短期の競争』日本経済新聞社
  北川尚人(2020)『トヨタチーフエンジニアの仕事 2020』講談社+α新書
  日野三十四(2002)『トヨタ経営システムの研究』ダイヤモンド社
  ジェフリー・ライカ―(2004)『ザ・トヨタウェイ上下』日経BP

9月
2
第23回日本感性工学会大会 @ オンライン開催(主催校:東京電機大学)
9月 2 – 9月 4 終日

第23回日本感性工学会大会

大会ポスター

決まり次第掲載します。

会期

2021年9月2日(木)~4日(土)

会場

オンライン開催(Zoom予定)

本大会は,オンライン大会として実施します.
発表者及び参加者は,自宅や職場など任意の場所から研究発表及び,研究の聴講をリアルタイムで行っていただきます.

発表者は,期日までに発表原稿を提出の上,発表当日までに発表スライドを各自で作成してください.
発表者は,発表当日に,学会の指定する会議のセッション(URL)に参加し,各自のPCからご自分の発表スライドを用いて発表してください.
発表者及び,参加者の皆様が参加する会議のセッションのURLは,大会当日にプログラムを通して発表させていただきます.
具体的な発表手順及び,聴講方法の詳細につきましても,後日こちらに掲載いたします.

大会テーマ

「感性マネジメント」

大会概要

感性工学は,感性の本質を探りつつも感性を応用することに研究の軸足が常にあるように思う。商品開発,アパレル,食品,建築,マーケティングなど,ほとんど人間の活動領域全てに感性工学のフィールドは広がっている。そこでは,個人と一般,嗜好と流行などの相対する概念の狭間で感性が行き交っている。流行というものが自然発生的でなく多くの場合は仕組まれたものであるとすれば,私たちは「感性をマネジメントしている」ということだろう。また,例えば生理的な作用で癒しの空間を作ったり,使う喜びを与える製品などを開発すれば,それは「感性でマネジメント」することかもしれない。またそれらの合間には「感性のためにマネジメント」することも行われるだろう。このように,感性の概念は個と社会の間にあって主体であったり目的であったり結果であったりするものだと思う。私はこれらをここでは「感性マネジメント」ということにする。
昨今,ディープラーニング等のAI技術は導入例が多くなり,感性工学の分野もAI技術による研究が盛んになってきた。非常に曖昧な情報の中から感性に紐づける事項を抽出することを考えると,感性こそがAI技術との融和が望まれる分野かもしれない。感性マネジメントにおいても,AI技術による説明根拠があれば周りを動かしやすい。感性などという言葉に眉唾な経営者もAIが弾き出した結論だといえば納得するかもしれない。感性工学がAI技術と融合して新たな感性マネジメントを展開していくことは確実なことだと思う。
しかし,一方で思うのは,AI技術が結論した結果を享受するのはやはり人間だということである。経営者も研究者も,とかく決定的な結論を欲しがるもので,曖昧な提案や結論は好まない特性がある。AI技術が決定的な結論をだせば,それが正しいと評価される社会になるのだろう。言い換えれば,機械が感性を分析しリードする時代は,感性がいったい誰のものなのか,何のためのものなのかが不明になる時代なのかもしれないとさえ思う。感性をマネジメントし,感性でマネジメントすることこそ感性工学の真髄だとするならば,AI技術と融和した研究が実を結びつつある今,もう一度そのことを考えておくことも意味のある感性マネジメントではないかと思う。
すべての感性工学の研究は感性マネジメントに通じます。皆様の感性をみつめる熱い研究の発表を期待するものです。

実行委員長: 柏崎尚也(東京電機大学)
プログラム委員長:井ノ上寛人(東京電機大学)

9月
7
応用数理学会2021年度年会 @ オンライン開催
9月 7 – 9月 9 終日

下記の募集要項を熟読の上,参加申し込み,講演申し込みをお願いいたします。

2021年度年会 参加および講演募集要項(PDF)

各種締切


参加申込開始 6月7日(月)
正会員主催OS企画申込締切 6月11日(金)
研究部会主催OS企画申込締切 6月18日(金)
講演(口頭・ポスター)申込開始 6月25日(金)
講演(口頭)申込締切 7月23日(金)
早期参加申込締切 8月6日(金)
予稿原稿提出締切 8月6日(金)
講演(ポスター)申込締切 8月6日(金)
ポスターデータアップロード締切 8月23日(月)
通常参加申込締切 9月9日(木)13:00
9月
8
第39回日本ロボット学会学術講演会 @ オンライン開催(Zoom)
9月 8 – 9月 11 終日

第39回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2021)は、2021年9月8日(水)〜11日(土)にオンライン開催で実施いたします。 本講演会では、新たな社会基盤としてのロボット技術から、学術的可能性を探究するロボットサイエンスに至るまで、幅広い分野の講演を募集いたします。 企業、研究所、大学等からの幅広いご発表、ご参加をお待ちしています。

9月
11
2021年度 社会情報学会(SSI)学会大会 @ Zoomによるオンライン開催(開催校:大妻女子大学)
9月 11 – 9月 12 終日
9月
13
第37回ファジィ システム シンポジウム (FSS2021) @ オンライン開催(ZOOM)
9月 13 – 9月 15 終日

第37回 ファジィ システム シンポジウム / FSS2021

2021.9.13(月)- 9.15(水)
テーマ:ファジィには、未来を変える力がある

開催案内

ファジィ理論やソフトコンピューティングの基礎・理論をはじめ,機械学習,データマイニング,知識の利用と共有,Webインテリジェンス,Webマイニング,エージェントシステム,進化計算,自然言語処理・情報検索,画像・音声処理,ロボット,ヒューマンインタフェースや教育支援,AI応用分野,産業や社会システム,医療や農業応用など幅広い分野の論文発表を広く募集します.現在の研究紹介,Future Vision (短期、長期)も大歓迎です.FSS2021は,現地およびオンラインでのハイブリッドで開催いたします.FSS2021は,オンライン開催へ変更になりました.

  • 主 催:日本知能情報ファジィ学会 (SOFT)
  • 共 催:国際ファジィシステム学会 (IFSA)
  • 後 援:久留米市(予定)
  • 協 賛: 一般社団法人システム制御情報学会, 公益社団法人土木学会, 一般社団法人日本応用数理学会, 公益社団法人日本経営工学会, 公益社団法人日本生物工学会, 一般社団法人日本医療情報学会, 公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会, 日本行動計量学会, 公益社団法人日本心理学会, 一般社団法人日本繊維製品消費科学会, バイオメディカル・ファジィ・システム学会, 日本神経回路学会, 一般社団法人農業食料工学会, 一般財団法人ファジィシステム研究所
  • 会 場: オンライン開催ハイブリッド(オンライン および 久留米シティプラザ 〒830-0031 福岡県久留米市六ツ門町8-1)
  • 会 期: 2021年9月5日(日),13日(月),14日(火),15日(水) ※5日(日)は市民講座のみ
  • 懇親会: 2021年9月14日(火)夕刻より懇親会を開催します.中止
  • テーマ:ファジィには,未来を変える力がある
  • スケジュール:
    • 2021年4月16日(金):企画セッション提案申込締切
    • 2021年5月28日(金)  6月11日(金):講演申込締切  締切が延長されました
    • 2021年7月9日(金):講演原稿締切
    • 2021年8月6日(金):事前参加申込締切
9月
24
スケジューリング・シンポジウム2021(SS2021) @ オンライン開催
9月 24 – 9月 25 終日

実行委員長より

日本オペレーションズ・リサーチ学会,日本経営工学会,人工知能学会の共催により開催された「生産スケジューリング・シンポジウム」の第1回開催から数えて,今回は第29回目,スケジューリング学会主催となって第23回目の「スケジューリング・シンポジウム」は広島開催となります.ぜひ,広島にお越しくださり,シンポジウムでの活発なご議論に加えて,近代日本の歴史と平和の大切さについて考えていただくと共に,広島の食文化を楽しんでいただこうと,実行委員一同鋭意準備してきました.しかしながら,直近のコロナウィルスの広がり,特に新型ウィルスの拡散の状況から,オンライン開催とすることに決定いたしました.一方,オンライン開催により,移動時間他の制約なくシンポジウムにご参加賜ることが可能となります.スケジューリング分野の研究者・実務家が多く集う有意義なシンポジウムとなりますよう,準備を薦めて参りますので,皆様の奮ってのご参加をお待ちしております.

スケジューリング・シンポジウム2021 実行委員長 
谷崎 隆士(近畿大学)

10月
27
第73回日本生物工学会大会 @ 沖縄コンベンションセンター
10月 27 – 10月 29 終日

第73回日本生物工学会大会(2021)

会期

2021年(令和3年)10月27日(水)~29日(金)

会場・開催形式

<一般講演・シンポジウム・ランチタイムセミナー>
Zoomによるオンライン形式

<授賞式・受賞講演>
Zoomによるオンライン形式

<展示>
WebおよびZoomによるオンライン形式

<懇親会>
10月27日(水)18:00~20:00
Zoomによるオンライン形式(「沖縄懇親会セット」購入者限定)

<若手会総会・交流会>
開催未定(後日当サイトにてお知らせします。)

主なスケジュール

  • 講演申込受付期間: 2021年6月4日(金)~7月7日(水)正午
  • 講演要旨登録期間: 2021年7月20日(火)~8月20日(金)正午
  • 発表ビデオ(一般講演用)登録期間: 2021年8月23日(月)~9月27日(月)正午
  • 事前参加登録締切日: 2021年9月15日(水)17時
  • 講演要旨集[pdf版]発行日: 2021年10月13日(水)予定
11月
13
第64回自動制御連合講演会 @ 京都大学吉田キャンパス
11月 13 – 11月 14 終日
12月
18
第12回横幹連合コンファレンス @ 筑波大学筑波キャンパスを拠点とするオンライン開催を予定
12月 18 – 12月 19 終日