6月
22
企業革新研究会(2024年 第3回) @ ZOOM 開催
6月 22 @ 4:00 PM – 5:45 PM

2024.5.23
世話人:河合忠彦、西尾弘一
アドバイザー:平松庸一、木村裕斗

次の要領で「企業革新研究会」の本年第3回会合を開催致しますので是非ともご参加ください。非学会員の方の参加も可能です。

日 時: 2024年6月22日(土) 16:00~17:45 (ZOOM開催)
                              (報告:60分、コメント・ディスカッション:45分)
報告者: 浅野 浩美(事業創造大学院大学)(60分)
テーマ: IoT時代のキャリア・ダイバーシティ
コメンテーター: 野村 かすみ(労働政策研究・研修機構)
司会: 木村 裕斗(東洋大学)

 研究会の目的・進め方等については、備考をご覧頂きたいと思いますが、本年の前半は、「企業の競争力/存続能力の強化に資するIoT/AI時代のダイバーシティ・マネジメント」という統一テーマで6回の研究会を開催致します。
 参加御希望の方は学会のホームページから「6月20日までに」参加登録をしてください。登録者リストを作り、ZOOMミーティングに参加するためのURL、ID/パスワードを「前日に」BCCでお知らせします。
https://iap-jp.org/iasm/event/member/index/208
 なお、第4回には、林 恭子先生(グロービス経営大学院大学)にお話しいただく予定です。

参考文献

・宮城まり子. (2021). ウィズ・コロナ時代のキャリア形成. 日本労働研究雑誌, 63(4), 79-83.
 https://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2021/04/pdf/079-083.pdf
・労働政策研究・研修機構(2017)「JILPT調査 AIの導入で職場はどう変わるのか、必要な準備は何か?」, 『ビジネス・レーバー・トレンド』, 2017年8・9月号, 24-33.
 https://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2017/0809/024-033.pdf
・浅野浩美(2023)キャリアコンサルティング―押さえておきたい関連情報 – 第13回 人的資本情報開示と「キャリア」
 https://www.rosei.jp/readers/article/85506

備考                      

企業革新研究会 2024年前半のプログラム

  企業革新研究会は、昨年度は、前半の第1回プログラムでは「日本企業の“創造性/革新性の欠如”と“現場力の低下”の“並存”の原因とその克服の方策はいかなるものか」という“統一テーマ”について、組織論(集団と創造性、個人と集団の適応・逸脱論等)、戦略的人的資源管理論と人的資本価値創造経営論、サステナブル経営論、DMC(ダイナミックマネジリアルケイパビリティ)パースペクティブなどの視点から5回の研究会を開催し、後半は、第2回プログラムとして、「トヨタとホンダはEV(とConnected cars)」ウォーズにおいてプラットフォーマー他といかに戦おうとしているのか、その勝算はどこにあるのか」という統一テーマのもとに、「EVウォーズにおけるトヨタの戦略」、「自動運転技術による新価値創造」、「EVウォーズの統合的分析枠組みとホンダのEV戦略への適用」などについて3回の研究会を開催致しました。
 なお、昨年前半の第1回プログラムについてはJSMS(15-2)でその特集が組まれ、松田千恵子先生、山﨑京子先生、木村裕斗先生の論文が掲載されました。また、第2回プログラムについては、その特集をJSMS (16-1)(本年9月発行予定)に掲載される予定です。
 これを承けて2024年の前半は、同年の第1回プログラムとして、「企業の競争力/存続能力の強化に資するIoT/AI時代のダイバーシティ・マネジメント」という統一テーマで数回の研究会を開催致します。ダイバーシティ(・マネジメント)についての研究は、次のいずれにフォーカスするかにより、次の2つに大別されます。
A:「個人の幸福の実現」
B:「企業の競争力/存続能力の強化」
 このうち、Aについては経営倫理論、社会的責任論などの分野で研究が進展していますが、Bについての研究は遅れており、「現在、多くの企業では、多様性(ダイバーシティ)が重要視されているが、それをどう経営成果に結びつけていくかについては、暗中模索である」(守島基博、日本経済新聞、2022年11月12日」)という状況にあります。
 そして、その主因として考えられるのは、Aがより“普遍的な”価値に関するものであるためによりアプローチしやすかったのに対し、Bは基本的に“状況依存的”であるために、「今日の環境下で企業の競争力/存続能力の強化のためには何が必要か」、したがってまたその実現のためにはいかなるダイバーシティが求められているのか、またそれを実現するにはどうすればよいのか」という形で論理を展開しなくてはならず、それには、戦略、戦略と環境の適合性、戦略と組織の適合性、などを分析に取り込む必要があり、理論化がより困難だったことがあると考えられます。
 なお、米国では、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)がダイバーシティに関する目標の一部を廃止するなど、多くの企業が「DEI(多様性、公正性=エクイティ、包括性=インクルージョン)」に関する戦略を見直しつつあるとされ、その主因の1つとして、DEIに関する目標が企業の中核的なビジネス目標とどのように関係しているかが示されていないことが指摘されていますが(日本経済新聞、2024年1月26日)これは、上述の「B」についての研究はそれ自体として重要であるのみならず、「A」の研究・実現にとっても不可欠なことを示唆しており、その意義の大きさを示すものと言えます。
 また、日本でも、「副業人材相互受け入れ、日立・ソニー、AIや半導体で。多様性で技術革新」という記事がありましたが(日本経済新聞、2024年2月1日)、これなどは、「B」についての研究の必要性をストレートに示すものといえそうです。

 そこで本年の前半は、以上のような視点に立つ本研究会のダイバーシティ・マネジメント研究の最初のプログラムとして、次に述べる数回の研究会を開催致します。

2024年度(前半)プログラムの概略
 上述の問題意識にもとづき、IoT/AI時代にある日本企業に求められている「競争力/存続能力の強化」のポイント(P)を3点に絞り、それぞれに対するダイバーシティ・マネジメントがいかなるもの(であるべき)かについて検討することとします。

 [P] 創造性/革新性の高い多様な人材が各自の能力を十分に発揮できる組織の形成

 これは、IoT/AI時代に限らず、競争力・存続能力の強化のためのもっとも基礎的な対策であり、多様な人材のそれぞれが持てる能力を十分に発揮できる組織の形成を意味します。
 なお、先述の「A」(個人の幸福の実現)に関する研究と重なる部分があることに注意が必要です。

 [P] ディジタル人材の育成

 これは、IoT/AI時代の競争力/存続能力の強化にとって不可欠な基礎的対策と言えるものです。

 [P] 高い「戦略の構築/転換能力」とその実現のための「資源の構築/転換能力」をもった人材の育成

 これは、今日のような環境変化の大きさとその速度が速い時代に対応するための不可欠の能力の構築を意味します。

 各回の研究会は以下のとおりです(予定)

第1回:「ダイバーシティ・マネジメント研究の現況と新展開の方向性」
第2回:「IoT/AI時代の労働(含テレワーク等)及びキャリアの多様性
第3回:「IoT/AI時代のキャリア・ダイバーシティ」
第4回:「IoT/AI時代のリスキリング(特にディジタル人材)(仮)」
第5回:「IoT/AI時代の多国籍企業と国際人的資源管理におけるダイバーシティ・マネジメント」
第6回:「企業の競争力/存続能力の強化に資するIoT/AI時代のダイバーシティ・マネジメント:DMC (Dynamic Managerial Capability)の駆動因となるDRC (Dynamic Resource Capability)の視点からの提起」

なお、本年後半のプログラムは現在検討中ですが、近年、グローバルな「AIへの社会的規制」の動向と「オープンAI」におけるコーポレートガバナンスの混乱などの先端的な問題から自動車業界の「検査不正」などの古典的な問題まで、コーポ―レートガバナンス(論)と企業の社会的責任(論)の関係を問い直す必要が生じているようですので、その問題を候補の1つと考えています。「そういうテーマならぜひとも話したい」という方がおられましたら、ご相談させて頂きたいと思いますので世話人までご連絡ください。    

以上

9月
3
第42回日本ロボット学会学術講演会 @ 大阪工業大学 梅田キャンパス
9月 3 – 9月 6 終日
9月
12
第26回日本感性工学会大会 @ タワーホール船堀
9月 12 – 9月 14 終日

第26回日本感性工学会大会のご案内

日本感性工学会

1. 開催期間
2024年9月12日(木)~14日(土)
2. 会場
タワーホール船堀(〒134-0091 東京都江戸川区船堀4丁目1−1)
開催方法:対面(オンサイト)
3. 大会テーマ
感性工学の夏への扉
4. 大会概要
特別講演、研究発表(一般セッション、査読セッション、ポスターセッション等)、企業展示を行います。査読セッションに投稿された論文は、通常の学会論文誌の査読が行われ、査読を通ったものはそのまま学会論文誌へ掲載されます。
【大会次第】
(1)総会
2024年9月12日(木)
(2)表彰式
2024年9月12日(木)
著作賞、論文賞・技術研究賞・事例研究賞、かわいい感性デザイン賞
※総会に引き続き行われます。
(3)特別講演
2024年9月12日(木) 特別講演 (予定)
(4) その他
一般セッション、査読セッション、ポスターセッション、新企画セッション、企業展示等

12月
14
第15回横幹連合コンファレンス @ 東京工業大学大岡山キャンパス
12月 14 – 12月 15 終日

第15回横幹連合コンファレンスは,2024年12月14日(土)~15日(日)に東京工業大学大岡山キャンパスにて開催されます.

詳細はこちらをご覧ください.