10月
22
公開シンポジウム「自然災害を取り巻く環境の変化―防災科学の果たす役割―」 @ Zoomウェビナーによるオンライン開催
10月 22 @ 4:30 PM – 6:00 PM

 自然災害を取り巻く環境が変化しています。時代とともに、災害の要因だけでなく、災害を受ける社会も急激に変わっています。地球温暖化、地形の改変、計画性のない都市のスプロール化、生物多様性の喪失、森林の荒廃など、多くの変化が顕れています。「人新世」という概念が、地質学会などで検討されています。人類の活動は飛躍的に拡大し、一人当たりの環境負荷は増大し、爆発的に増加した人口との相乗効果により、地球の環境は改変されています。 COP26 など地球温暖化に関する国際的な枠組みが本格的に議論されている現在、このような大きな時代認識を踏まえて、自然災害を取り巻く環境の変化と、その対応を議論するのは意義あることと考えます。
 近年、環境の変化もあり、自然災害と感染症との複合災害、線状降水帯の頻発化、熱海の盛土崩落による土石流、トンガの火山噴火と津波、日本の海底火山の噴火と軽石の漂流など、新たな多様なハザード(危機)と災害が出現しています。また、新たに検討されている日本海溝・千島海溝周辺型地震では、寒冷で平坦で人口密度の低い土地における津波・地震対策が課題になっています。防災に関わる学協会は出現した多様なハザードへの備えという重大な課題に直面しています。
 自然災害を取り巻く環境が変化する中で、防災科学が果たすべき役割に焦点を当てて、広く意見交換をしたいと思います。

開催日時 2022/10/22(土)16:30-18:00
開催地 Zoomウェビナーによるオンライン開催
定員 1000名(Zoomウェビナー)
プログラム  司会 永野正行(日本学術会議連携会員、防災学術連携体幹事)
    田村和夫(日本学術会議連携会員、防災学術連携体幹事)
16:30-16:40 趣旨説明
 山本佳世子(日本学術会議連携会員、防災学術連携体幹事)
16:40-16:50 【基調講演】
 人類の活動による環境変化と災害の多様化
 米田雅子(日本学術会議第三部会員、防災減災学術連携委員会委員長)

16:50-17:40 「自然災害を取り巻く環境の変化と防災科学の果たす役割」に関する発表

 16:50 線状降水帯 : その実態と予測精度向上にむけた学官連携
  日本気象学会 安田珠幾
 17:00 気候変動や森林荒廃に伴う土砂災害の被害軽減に向けて
  砂防学会 小杉賢一朗
 17:10 流域治水に資するレジリエントな建築環境の構築
  日本建築学会 長谷川兼一
 17:20 農業・農村の強靱化に貢献する農村防災技術
  農業農村工学会 後藤高広
 17:30 だれもが参加しやすい避難訓練
  日本自然災害学会 矢守克也

17:40-18:00 質疑応答


18:00 閉会挨拶

 目黒公郎(防災学術連携体副代表幹事)
 参加申込 参加費無料・事前申込要
下記フォームからお申込みください。
申し込みフォームへのリンク
 問い合わせ 一般社団法人 防災学術連携体
TEL:03-3830-0188
Mail: office*janet-dr.com(送信の際には*を@に変えてください)
備考 主催:日本学術会議 防災減災学術連携委員会
共催:(一社)防災学術連携体
第14回防災学術連携シンポジウム: 防災こくたい2022 @ Zoom ウェビナーによるオンライン開催
10月 22 @ 4:30 PM – 6:00 PM

自然災害を取り巻く環境の変化-防災科学の果たす役割-


関連シンポジウム:自然災害を取り巻く環境の変化-防災科学の果たす多様な役割-(2022年10月22日18時15分~)


日時:令和 4 年 10 月 22 日(土)16 時 30 分から 18 時 00 分
場所:Zoom ウェビナーによるオンライン開催
主催:日本学術会議 防災減災学術連携委員会
共催:(一社)防災学術連携体 参加申込:https://ws.formzu.net/fgen/S52194688/


自然災害を取り巻く環境が変化しています。時代とともに、災害の要因だけでなく、災害を受ける社会も急激に変わっています。地球温暖化、地形の改変、計画性のない都市のスプロール化、生物多様性の喪失、森林の荒廃など、多くの変化が顕れています。
「人新世」という概念が、地質学会などで検討されています。人類の活動は飛躍的に拡大し、一人当たりの環境負荷は増大し、爆発的に増加した人口との相乗効果により、地球の環境は改変されています。 COP26 など地球温暖化に関する国際的な枠組みが本格的に議論されている現在、このような大きな時代認識を踏まえて、自然災害を取り巻く環境の変化と、その対応を議論するのは意義あることと考えます。
近年、環境の変化もあり、自然災害と感染症との複合災害、線状降水帯の頻発化、熱海の盛土崩落による土石流、トンガの火山噴火と津波、日本の海底火山の噴火と軽石の漂流など、新たな多様なハザード(危機)と災害が出現しています。また、新たに検討されている日本海溝・千島海溝周辺型地震では、寒冷で平坦で人口密度の低い土地における津波・地震対策が課題になっています。防災に関わる学協会は出現した多様なハザードへの備えという重大な課題に直面しています。
自然災害を取り巻く環境が変化する中で、防災科学が果たすべき役割に焦点を当てて、広く意見交換をしたいと思います。

ご案内PDF


司会 永野正行(日本学術会議連携会員、防災学術連携体幹事)、田村和夫(日本学術会議連携会員、防災学術連携体幹事)

16:30 開会
趣旨説明 山本佳世子(日本学術会議連携会員、防災学術連携体幹事)
16:40 基調講演:「人類の活動による環境変化と災害の多様化」 米田雅子 (日本学術会議第三部会員、防災減災学術連携委員会委員長)

16:50 講演
日本気象学会:線状降水帯 : その実態と予測精度向上にむけた学官連携 安田珠幾
砂防学会:気候変動や森林荒廃に伴う土砂災害の被害軽減に向けて 小杉賢一朗
日本建築学会:流域治水に資するレジリエントな建築環境の構築 長谷川兼一
農業農村工学会:農業・農村の強靱化に貢献する農村防災技術 後藤高広
日本自然災害学会:だれもが参加しやすい避難訓練 矢守克也

17:40 質疑応答
18:00 閉会挨拶 目黒公郎(防災学術連携体副代表幹事)

防災学術連携体 特別シンポジウム @ Zoom ウェビナーによるオンライン開催
10月 22 @ 6:15 PM – 7:40 PM

自然災害を取り巻く環境の変化-防災科学の果たす多様な役割-


関連シンポジウム:自然災害を取り巻く環境の変化-防災科学の果たす役割-(2022年10月22日16時30分~)


日時:令和 4 年 10 月 22 日(土)18 時 15 分~ 19 時 40 分
場所:Zoom ウェビナーによるオンライン開催
主催:(一社)防災学術連携体
参加申込: https://ws.formzu.net/fgen/S55101142/


自然災害を取り巻く環境が変化しています。時代とともに、災害の要因だけでなく、災害を受ける社会も急激に変わっています。地球温暖化、地形の改変、計画性のない都市のスプロール化、生物多様性の喪失、森林の荒廃など、多くの変化が顕れています。
近年、環境の変化もあり、自然災害と感染症との複合災害、線状降水帯の頻発化、熱海の盛土崩落による土石流、トンガの火山噴火と津波、日本の海底火山の噴火と軽石の漂流など、新たな多様なハザード(危機)と災害が出現しています。また、新たに検討されている日本海溝・千島海溝周辺型地震では、寒冷で平坦で人口密度の低い土地における津波・地震対策が課題になっています。防災に関わる学協会は出現した多様なハザードへの備えという重大な課題に直面しています。
自然災害を取り巻く環境が変化する中で、防災科学が果たすべき役割に焦点を当てて、多様な視点から広く意見交換をしたいと思います。

ご案内PDF


司会 永野正行(防災学術連携体幹事)、山本佳世子(防災学術連携体幹事)

18:15 開会
趣旨説明 米田雅子(防災学術連携体幹事、東京工業大学特任教授)

18:20 講演
日本古生物学会・日本第四紀学会:熱海の盛土崩落の原因に関する地球科学的研究 北村晃寿
日本応用地質学会:地球温暖化対策の再生可能エネルギ開発に伴う土砂災害の増加にどう対処するか 稲垣秀輝
日本活断層学会:阪神淡路大震災から四半世紀:活断層をめぐる状況 鈴木康弘
日本地震工学会:津波に対してレジリエントなまちづくりにおける堤防のあり方(仮) 有川太郎
日本地図学会:場に刻まれた自然災害記録の空間科学的展開-地図化による人と災害の関わりの可視化 黒木貴一
水文・水資源学会:気象制御へむけた制御容易性・被害低減効果の定量化研究 小槻峻司
日本地理学会:防災につながる地理的知識の普及に向けて(仮) 八反地剛
日本災害医学会:寒冷地・豪雪地帯における災害対応トレーニング 藤原弘之

19:40 閉会挨拶 渦岡良介(防災学術連携体副代表幹事)

10月
26
ANQ Congress 2022 Beijing @ 中国 北京 オンライン開催
10月 26 – 10月 28 終日

2022年10月26日(水)~28日(金)に中国 北京にて、ANQ Congress 2022がオンラインで開催されます。

テーマ Together for a Shared Future of Quality : Digitalization,Sustainability and Ecosystem
日 時 2022年10月26日(水)~28日(金)
会 場 中国 北京 オンライン開催
参加費 無料

JSQCからの発表希望者はJSQCを通じて発表申込み、アブストラクト等を提出していただきます。

提出物: (1) 審査用要旨 A4・2ページ(英語または日本語)
※要旨には氏名・所属を記載しないでください。
※アップロードするファイル名にも氏名を記載しないでください。
  (2) 200words英文アブストラクト

発表申込み締切:2022年5月20日(金)

JSQCへのフルペーパー提出締切:2022年7月31日(日)

フルペーパーテンプレートはこちら→準備中

11月
12
2022年全国研究発表会 @ 開志専門職大学
11月 12 – 11月 13 終日
大会テーマ:「VUCA時代のアントレプレナーシップ」
第52回年次大会 @ 中部地区(予定)
11月 12 終日
11月
29
SCIS&ISIS2022 @ シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(三重県)
11月 29 – 12月 2 終日

ソフトコンピューティング(ファジィ,ニューラルネット,進化計算等)の国際会議です。
多数の皆様のご発表・ご参加を心よりお待ち申し上げます。

12月
17
行動経済学会第16回大会 @ 明治大学駿河台キャンパス
12月 17 – 12月 18 終日