2月
17
公開シンポジウム「数理・データサイエンス・ 時代における 統計科学の教育及び研究について」 @ ハイブリッド開催(日本学術会議講堂、オンライン)
2月 17 @ 1:30 PM – 3:30 PM

 本格的なデータの時代を迎えて、特に日本で関連の研究人材および高度専門職人材が不足している中で、コンピュータサイエンス・数理科学・統計科学を融合した数理・データサイエンス・AI 教育の体系化が構築されつつある。
 本シンポジウムでは、統計科学の観点から、教育および研究に関する現状と課題、国際動向、展望を多様な角度から議論し、社会発信の場とする。

開催日時 令和5年(2023年)2月17日(金)13:30~15:30
開催地 ハイブリッド開催(日本学術会議講堂、オンライン)
対象 どなたでもご参加いただけます。
プログラム  総合司会 渡辺 美智子(日本学術会議連携会員、立正大学データサイエンス学部教授)
13:30 開会挨拶及び趣旨説明
 竹村 彰通(日本学術会議連携会員、滋賀大学長)
13:45 講演Ⅰ『機械学習分野における研究・人材育成の動向と課題』
 杉山 将(理化学研究所 革新知能統合研究センター センター長、東京大学 大学院新領域創成科学研究科複雑理工学専攻 教授)
14:15 講演Ⅱ『国際および国内産業界における統計的手法を活用した問題解決手法・シックスシグマ(Six Sigma)の現状~統計プロフェッショナル育成と国際認証に関する課題と展望を踏まえて~』
 石山 一雄(ISO TC69 統計的方法の応用/SC7シックスシグマ日本代表委員、ISO TC69/SC7・SC8国内合同委員会副査、中国質量協会シックスシグマ管理推進工作委員会専門家委員)
14:45 総合討論
 司会 青嶋 誠(日本学術会議連携会員、筑波大学数理物質系教授)
 1 石山 一雄(ISO TC69 統計的方法の応用 /SC7シックスシグマ日本代表委員)
 2 戸谷 圭子(日本学術会議連携会員、明治大学専門職大学院グローバルビジネス研究科教授)
 3 中谷 多哉子(放送大学情報コース教授)
 4 竹村 彰通(日本学術会議連携会員、滋賀大学長)
15:25 閉会挨拶
 栗木 哲(日本学術会議連携会員、情報・システム研究機構統計数理研究所教授)
 申し込み方法 下記リンク先よりお申し込みください。
申し込みページへのリンク
お問い合わせ先 渡辺美智子(立正大学教授)e-mail:mwata*ris.ac.jp(送信の際には*を@に変えてください)
備考 主催:日本学術会議数理科学委員会数理統計学分科会、数理科学委員会数学教育分科会、数理科学委員会数学分科会
共催:統計関連学会連合、特定非営利活動法人横断型基幹科学技術研究団体連合、一般財団法人統計質保証推進協会
後援(予定を含む):一般社団法人日本統計学会、応用統計学会、一般社団法人人工知能学会、一般社団法人情報処理学会、日本行動計量学会、一般社団法人日本数学会、公益財団法人日本数学教育学会、一般社団法人日本経済学会、一般社団法人社会情報学会、一般社団法人経営情報学会、一般社団法人日本品質管理学会、大学共同利用機関法人情報・システム研究機構統計数理研究所
3月
3
第1回 企業革新研究会 @ ZOOM開催
3月 3 @ 6:30 PM – 8:15 PM

第1回 企業革新研究会 3月3日(金) 18:30~ (ZOOM開催)

次の要領で新設の「企業革新研究会」の第1回研究会を開催致しますので是非ともご参加ください。非学会員の方の参加も可能です。

日 時: 2023年3月3日(金) 18:30~20:15 (ZOOM開催)
                       (報告:60分、コメント:(各)5-10分、その後、全体討議)

報告者: 木村 裕斗(東洋大学 准教授)
テーマ: 「日本企業の“創造性/革新性の欠如”と“現場力の低下”の“並存”の原因とその克服の方法――“集団と創造性”、“個人と集団の適応・逸脱”などの視点からの考察」

コメンテーター: 浅野 浩美(事業創造大学院大学 教授)、山﨑 京子(立教大学大学院 特任教授)

司会: 西尾弘一  

研究会の目的・進め方等については、備考をご覧いただきたいと思いますが、今年の前半は、「日本企業の“創造性/革新性の欠如”と“現場力の低下”の“並存”の原因とその克服の方法」について様々の視点から検討を加えることを目指しています。
最初の2回では、同テーマについて「個人、集団、組織」に関する理論の視点から取り上げますが、今回は、その第1回として、木村先生にお話しいただきます。

(第2回(3/27,月)は、「個人と組織の適合・不適合」の視点から、山﨑京子先生(立教大)からお話しいただく予定です。)

参加御希望の方は学会のホームページから「2月26日までに」参加登録をしてください。
https://iap-jp.org/iasm/event/member/index/184

登録者リストを作り、ZOOMミーティングに参加するためのURL、ID/パスワードを「前日に」BCCでお知らせします。

世話人:河合忠彦、西尾弘一

3月
4
第17回日本統計学会春季集会 @ 東京都立大学南大沢キャンパス1号館(ハイブリッド開催)
3月 4 終日

第17回日本統計学会春季集会を東京都立大学南大沢キャンパスにて,遠隔でのリアルタイム参加も可能な形で開催いたします.プログラムは招待講演による企画セッションを5つとお昼の時間帯にポスターセッションを設けます.セッションおよびプログラムは,随時,春季集会Webサイトにてアナウンスいたします.

また今回もポスターセッションの発表を広く募集しております.今回のポスター発表は現地での対面報告とオンラインでの報告を選べるようにします.ポスター発表の応募に際しては,予稿をご準備ください.優れたポスターに対して,「優秀発表賞」と「学生優秀発表賞」を授与いたします.セッション終了後,授賞式を行います.会員の皆様の参加を心よりお待ちしております.

3月
6
第18回日本感性工学会春季大会 @ オンライン開催
3月 6 – 3月 7 終日

第18回日本感性工学会春季大会

大会ポスター

ポスター

会期

会期:2023年3月6日(月)~3月7日(火)

会場

Zoomによるオンライン開催

本大会は、オンライン大会として実施します。
発表者及び参加者は、自宅や職場など任意の場所から研究発表及び、研究の聴講をリアルタイムで行っていただきます。

発表者は、期日までに発表原稿を提出の上、発表当日までに発表スライドを各自で作成してください。
発表者は、発表当日に、学会の指定する会議のセッション(URL)に参加し、各自のPCからご自分の発表スライドを用いて発表してください。
発表者及び,参加者の皆様が参加する会議のセッションのURLは、大会当日にプログラムを通して発表させていただきます。
具体的な発表手順及び、聴講方法の詳細につきましても、後日こちらに掲載いたします。

大会テーマ

Fashion and Kansei Tech

大会概要

第18回春季は大会の運営をいささかならず変えてみました。ひとつは、会員諸氏にご登壇いただくセッションを選択肢の中からお選び頂くこと、そのセッションでのプログラムの作成や進行をセッションを担当する実行委員にお任せしたこと、今後、なるべく多くの会員の方がセッション担当をご経験いただきたい・・・、と考えました。当番校の大会プログラム委員長の仕事を分散させた次第であります。
これについては、もうひとつの期待があります。新しいテーマが出現して、あたらしいセッションが生まれてほしいことです。本学会のルーツは、往年の日本学術会議の第5部で、課題別研究連絡委員会を構成した感性工学専門委員会にあります。当時は安全工学や人間工学とならんで工学としては新味のある領域とされましたが、創設以来25年を経過、この辺で、つぎの息吹となるようなテーマを積極的に取り込んでいきたいと存じます。
この期待を強調したいあまりに、「Fashion and Kansei Tech」ということばにハマりました。新しい様式のつもりでFashionと言いたかったのです。カタカナのファッションは華やかなショーを連想させますが、fashionとなるとさらに奥が深く、サンスクリット語dadhati(”puts, places;”)がともかく、14世紀仏語fasounで「フォーム、形状; 外観」、15世紀で、メイク、ドレス、マナー、習慣、時代に合った服装、1630年当りで 社会に合わせる、そしていまでは、格好好い、流行を含むことばになりました。一方、fashionの語源はfactionに相通じ、それはPartei(Party/政党・分派)にもたどり着きます。
西周はscienceを科学と訳しましたが、まさに分かれて議論すればこそ学問にもなりますので、今回のセッションもそういう意味を込めて設定させていただきました。どこにもあてはまらなければ「新分野・その他」を選択され、あるいはあたらしいパルタイの立ち上げを目論んでいただければ幸甚の至りであります。
今回幹事校となります信州大学繊維学部のルーツは、第24回帝国議会で可決され、明治43年に設立された上田蚕糸専門学校(英語名Ueda Imperial College of Sericulture and Silk Industry )であります。その後、京都や東京にも設置されますが、要すれば、繭を増産して生糸を量産するための技術を開発普及し、往時の最大輸出品、絹製品を盤石にするための学校でした。高度成長期のニューヨークのOLさんが、好んで感性訴求の生糸製ストッキングを愛用していただいたお陰ですが、その後、1935年、あのデュポンの技術者のカロザース(Wallace H. Carothers)が「石炭と水と空気」からナイロンを発明するに及び、生糸は不動の地位から蹴落とされました。その後、1943年ごろ、J. R. Whinfield と J. T. Dickson が製法を発明し(特許公開1946年)、英ICIが繊維化に成功してポリエステルと名付け、天下を取って70年近くを経過しています。カーボンニュートラルの実現が求められる現在、そのポリエステルに代わる何かの発明に係わりができれば、この常田キャンパスも22世紀まで安泰に推移するでしょう。
こうした1世紀以上の移ろいもまた「流行」であり、予測がつきものでありますが、それはあたらしい技術が生まれる契機にもなります。このような「祈念」を含めまして、第18回春季の大会テーマを「Fashion and Kansei Tech」とさせていただきました。衣料品やファッション製品に限らず、fashionを幅広くご認識いただき、議論をお進めくださいますよう、よろしくお願い申しあげます。

実行委員長 高寺政行(信州大学)
プログラム委員長 上條正義(信州大学)

3月
8
講習会「トポロジー最適化の基礎~積層造形によるものづくりへの応用~」 @ 東京理科大学 神楽坂キャンパス 森戸記念館 第2フォーラム室とZoomによるハイブリット開催
3月 8 – 3月 9 終日

「トポロジー最適化」はパワフルな設計ツールとしてすでに様々な分野で導入されている。特に「積層造形」期待が寄せられている。しかし,トポロジー最適化は数学的な要素を多く含むため,一般のエンジニアが独学でその仕組みを理解し,スキルとして習得すること容易ではない.そのため,本講習会では、様々な工学分野で用いられることを念頭に置きながら、トポロジー最適化の基礎と応用までを幅広く解説する。
また,積層造形を念頭に置いたトポロジー最適化などについても現状の課題などについて紹介する。

5月
17
第67回システム制御情報学会研究発表講演会 @ 京都テルサ
5月 17 – 5月 19 終日

システム制御情報学会研究発表講演会(SCI)はシステム制御情報学会の年次大会であり,毎年システム/制御/情報に興味のある大勢の方が集い,発表や議論,情報交換などを通して学問を行う場として開催されています.会員数の割に対象としている範囲が比較的広く,この研究発表講演会において新たな気づきや知らなかったこと,発想のヒントになることなど多くのことを得て帰られる方も少なくないと考えております.ここ何年かはコロナ禍の影響で一時的にいろいろと活動の制約を余儀なくされましたが,第67回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’23)は例年通り2023年5月に場所は京都テルサにおいて開催することとなりました(ただし,新型コロナウイルスの感染状況によってはオンライン開催に変更する可能性があることをご承知おきください).

SCI’23では,特別講演として生命科学分野で近年新たな概念として注目されているエピジェネティクスによる遺伝子発現制御に関する話題についてのご講演を予定しており,普段あまり接点を持つことが多くはない境界領域の話題としました.従来からの一般セッションは6つの分野で構成し,広く議論や情報交換ができるように致しました.AI・DS・DXやXRなどの最新の話題は領域を絞った形に集約し,招待講演も含めたテーマセッションとして企画をしております.さらに今回は女性研究者の活躍支援など,設定したテーマに対して一連の講演をセットで聴講いただき議論しやすくしたオーガナイズドセッションやビギナー向けのチュートリアル講座を実施予定です.これらの機会を通して様々な視点での議論や情報交換など学問を進め,有意義な大会にするために,ぜひとも皆さまのご参加ならびに発表を心よりお待ち申し上げます.特に学生のみなさんには学生発表賞も設けておりますので,積極的な参加と議論を期待したいと思います.

SCI ‘23 実行委員会

 

5月
31
第28回計算工学講演会 @ つくば国際会議場
5月 31 – 6月 2 終日

固体・熱流体・電磁場・マルチスケール・マルチフィジックス等の諸問題に対する数値解析手法,可視化法,モデリング法,実験計測による妥当性検証などの計算工学全般の最新技術に関して,機械・土木・建築・材料・生体力学などの広範な分野の研究者・技術者が一同に介して研究成果発表と情報交換を行う.約30のオーガナイズドセッションや企画セミナーなどから構成されております.

6月
17
第50回日本バイオフィードバック学会学術総会 @ 東洋英和女学院大学
6月 17 – 6月 18 終日

「学会50年の歩みとBFのこれから、新たな領域との出会い」というテーマで企画を進めております。多くの方のご参加をお待ちしております。

7月
9
IFAC World Congress 2023 @ パシフィコ横浜
7月 9 – 7月 14 終日
9月
3
第75回日本生物工学会大会 @ 名古屋大学 東山キャンパス
9月 3 – 9月 5 終日
9月
6
SICE Annual Conference 2023(SICE2023) @ 三重大学
9月 6 – 9月 9 終日

The SICE Annual Conference 2023, organized by the Society of Instrument and Control Engineers (SICE), will be held on September 6-9, 2023, at Mie University, Tsu, JAPAN.
The SICE Annual Conference 2023 is an international conference covering a broad range of fields from measurement and control to system analysis and design, from theory to application, and from software to hardware, and will provide an opportunity for both academic and industrial engineering practitioners in measurement and control fields to present their work and discuss their ideas.
The technical program of SICE 2023 will consist of plenary and invited talks, tutorial courses, and workshops, as well as oral and interactive sessions.

9月
11
第41回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2023) @ 仙台国際センター
9月 11 – 9月 14 終日

第41回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2023)は,2023年9月11日(月)〜14日(木)に仙台国際センター(宮城県仙台市)で開催されます.
本講演会では,新たな社会基盤としてのロボット技術から,学術的可能性を探究するロボットサイエンスに至るまで,幅広い分野の講演を募集いたします.
企業,研究所,大学等からの幅広いご発表,ご参加をお待ちしています.

10月
7
第66回自動制御連合講演会 @ 東北大学川内キャンパス
10月 7 – 10月 8 終日

自動制御連合講演会は, 自動制御とその応用に関する最先端の成果を発表する場として, 1958 年より開催されている伝統のある講演会です. 制御工学にご興味をお持ちの方はどなたでも奮ってご応募,ご参加ください.