横浜ビジネスゲームYBG

 概要

経営学教育や訓練、経営学研究、実世界における経営的問題解決を目的としたビジネスゲームの開発と運用を支援するオンラインの総合的サービスプラットフォームである。YBG は、その利用基盤の提供のみならず、その上で動作するビジネスゲーム(コンテンツ)の提供、ならびに、ゲーム設計者、教育者、研究者、実務家で構成される利用者コミュニティへの情報提供やゲーム利活用支援サービスを提供する仕組みである。

 コトつくりにおける訴求点

YBG は、15 年以上にわたって継続的改良が行われ、現在国内120 を超える国内の大学等にその利用環境を提供する国内最大規模の教育研究用ビジネスゲームプラットフォームである。このようなプラットフォームの提供により、各種のビジネスゲームの開発、流通の促進、ビジネスゲーム開発と運用のための人材育成、ビジネスゲームの設計・運用・評価手法の研究が著しく促進された。このような取り組みは、世界に類を見ない日本独自のものであり、社会に与えたインパクトの大きさからみて、コトつくり至宝として評価に十分値する。

 参考URL

 推薦論文

横浜ビジネスゲームYBG

 講評

横浜ビジネスゲーム(YBG)は、経営学教育において体験型シミュレーション教育の拡充を図るべく開発側、使用側の両者に門戸の開かれた総合開発・運用プラットフォームであり、経営学におけるアクティブラーニングの推進というコトつくりにおいて大きく貢献している。コトつくりの評価基準と照らし合わせた場合、先導力においては「教育においてIT技術を活用した疑似体験ゲームをいち早く取り入れた」点、意味力においては「他大学などに対して門戸を広げ、導入と活用を促した」点が高く評価できる。

 コトつくりに特に寄与した要因

  1. ゲーム開発者側へも門戸を広げることで創造性の幅を広げた点
  2. 他大学に対しても門戸を広げることで社会活動化させた点
  3. 積極的な活用・導入支援を基本とした普及促進活動

前の記事

AIC(赤池情報量規準)